6月が終わる

Shirochanのマテリアが決まらねえ
ハイジャが満額入るところにはクリティカル、入らないところには意思かSS。意思の恩恵がちょっとまだよくわからない。ハイジャを積むなら2つ入れられるところにしたい(ケチ)
白が信仰積むのは今回はないですね

 

 

教授診だった
曰く肺癌だった。

診察のシャキ待ちがマジやばい。6時間弱待って「今日中には(順番が)来るやろ」と思うようになったころに呼ばれた。


診察では目下の懸念事項であった「蓋を開けたらCTの見立てより病期が進んでる可能性」についても聞けた。
ほんでさしあたり肺葉切除でなく区域切除の方向になった。肺葉切除<区域切除の判断には当然ながらバックグラウンドがあり、実際画像どおりであれば区域切除でも結果は変わらないということであろう。
2cm以下の肺野末梢型非小細胞肺癌に対する区域切除の非劣性を検討する前向き試験(JCOG0802/WJOG4607L)が進行中なのだが、こちらの結果公表も待たれる。

それと私PETCT受けてない気がするんだが、SUVを調べるまでもないクソショボ症例なのだろうか。


6月初旬のAmerican Society of Clinical Oncology年次大会において:
https://am.asco.org/education-session-reviews-current-management-early-stage-nsclc-offers-glimpse-future-advances

一番下のDr. FernandoのところにJCOG0802について言及がある:
For patients with standard-risk operable NSCLC, lobar resection remains the gold standard, although sublobar resection may be reasonable for peripheral tumors no larger than 2 cm. Recently reported data from the large, randomized JCOG0802 trial described no difference in postoperative mortality and adverse events with segmentectomy compared with lobectomy, although a slightly higher rate of alveolar fistula was observed. Long-term data from this trial are still awaited, but “we may see a change in standard of care in the future,” Dr. Fernando said.

広告を非表示にする

再検査と術前検査

年長者がしこたま食わせようとしてくる今日この頃です

 


再診
CTにより○ヵ月消失しない結節影が確認された。今すぐにでも手術する必要はまったくないそうだが
・半年ごとにCT撮るのがアホらしい
・放置して結局今より体力が落ち、また場合によっては病状が悪化してしまってから治療開始するのも愚かしい
ということで即手術を選択。


現在の状態
平熱()が37℃であること以外はまあ一般的な疲れた同年代と変わらないかと思われる。


術前検査
画像撮影はX線のみだったが、胸部を側方からも撮影した。私の病変は左肺にあるのだが側面LRだった。なんでや。
後日質問したい。


再発に関してとザーコリとかのアレ
再発は私のコントロールできる範疇にないのでどうにもならない。
現時点ではALK阻害剤などは最後の手段で、ブッ高いあれらが主流になるのは無理すぎると思う。


次回は教授診;観血的処置にあたってちょっと確認したいことがあるので忘れないようにメモっておこう

広告を非表示にする

GWはカレンダーどおり

 

医療費控除

 

高額療養費制度の他に医療費控除が受けられるかもしれないため、年始からの領収書を整理した。
ズボラだから意外と残っていた。


ME/CFSへの疑念

 

平熱が37℃を下回らなくなってからかれこれ4ヵ月。上がった体温の維持にエネルギーを使っているせいなのか、疲れを異常に引きずる。あとめっちゃ寒がりになって今でもセーターを着ている。仕事面では、深夜近くなる会議や勉強会、土日出勤などに軽い恐怖感が出るようになってしまった。力が出ず起床時に布団すらのけられないときがある。
7月あたりになっても状況が変わらなければME/CFSを診断できるところに行くべきかもしれない。


再診までが長い

 

みかけ早期の高・中分化腺癌でも術中初めて胸水や播種が発覚するクソみたいな状況が今でもあるらしい。
そうなったらもう自分にしかできない仕事しかしないようにお願いするか、あるいは辞める。

 

会社の規模からいうとおおよそ10年の間に従業員に2,3人がん患者が出る計算になるんだが、企業側も切り捨て一択でなく、居ても戸惑いなく受け入れられるように体制を作ったほうがいいと思う。

広告を非表示にする

コミュニティに入るかどうか迷う

いくつか気になっているところがあるが気になる点がある:


・現時点ではCTでしか確認できず病理に出す=手術をしないと癌と診断されないレベルであること。医師からは良性である可能性は低いと言われているが確定診断を待たずに入ることに気が引ける。

・同じ立場での対話を求めても、結局は会員同士で進行度や年齢による序列ができていそうであること。

・団体会員の写真を見るとやはりリタイア前後の方が多く、就労に関する蓄積が少なそうであること。就労については患者でなくFPに相談したいということもあるし「俺はこれだけ働いていた」と言う人間がひとりでも居ればまたかんたんに序列が生まれる。

 

とまあここまで書き出してみて一つに絞られた感がある。
個別相談も受け付けてるんだけど、なかなか予約がとれない雰囲気。まずは調べてみよう。

広告を非表示にする

極ズルワーンのshirochan

今さらな雰囲気のある極ズルのアレです。構成は問わない。
クルーズチェイサー同様飛ぶとDoTがなくなるタイプ;飛ぶ前は更新しない


前置き
物理が多くアイフォーアイ、微妙ウイルスも使う機会がある
終盤はTLが飛ばない=動きが詰められる、経過時間と消費MPは関連する


落下まで
殴る。インスタント発動のものはAoE回避中に使用、リジェネ更新は定位置に戻る途中、そのGCDが回る間にクルセ切り替えなどする
2回目の回避は初めの位置へ戻る必要がない


落下後
直前のダメージ量がなんとも微妙だがアサイラムでお茶を濁す。もう一人のヒーラーがHoTを発動していたらMT側に置く。飛翔がスキップしないのを察した黒が初めから外周に陣取る場合があり注意


雑魚
湧き3回目にアサイラム設置
DPSに関しては、ここでホーリーを何発撃つかより履行後どれだけギチギチに詰めるかのほうが重要と思う


履行
事前メディカラは半分無駄になっててぶっちゃけあんまり美しくない
紋付与1ループ目冒頭MTにアイフォーアイ、2ループ目でアサイラムを使用した場合両者ともデモンクローあたりにリキャがあける


デモンクロー
MT単体回復を追加


ウイルス
前半飛翔スキップの可能性がある場面で投げたりもする。スキップ無理ならハルバ前のメタルカッターが3回くらいくるところに使う。
雑魚時セウかウィルに入れる。
MNDウイルス持ちがいらっしゃらないときにはティルフィングへぶん投げたりする。

 

蛇足;終盤の死亡事故と起きるタイミング
奇数回における紋処理ループにおいて自分だけ死んじゃった場合は(紋を踏まずに)次の紋デバフ付与前にとにかく起きる。
紋処理前に死んで蘇生されたとして、爆発せぬようにと紋を踏んでまた死亡した場合、次の紋デバフ付与までに再度蘇生されて起きるまでの時間が非常に限られているときがある。二度目の蘇生が次の紋付与に間に合わなかった場合、紋デバフのないPCは二人に増え、タンクLBのお世話になることとなる。このことを死んだ側も蘇生する側も把握していてかつ迅速の残っている蘇生持ちが常にいるという機会は少ないと思う。

ヒーラーLBについては、ほどなく再び死亡/全滅、蘇生できたのが3名といった結果にならないような状況は立ち位置と紋ギミック発動の点から稀である。

 

 

以上

広告を非表示にする

文献など

肺に見つかったのはpart solid noduleである。拾ったいくつかの論文では時間経過で消失しないpart solid noduleがおよそ六割から九割悪性となっていた。せっかくなので二度目のCT撮影の前にいろいろ見た。
以下はただのメモなので誤っている可能性有

 

まずFleischner Societyを引っ張ってきた(Radiology 2013;266(1):304-317)。2017年のガイドライン(Radiology 2017)では径のボーダーの値が変わったのと、三次元的なボリュームも追加されているようである;

http://pubs.rsna.org/doi/abs/10.1148/radiol.2017161659

 

この他に日本CT検診学会の肺がんCT検診ガイドラインあたりと、結節のボリューム倍化にかかる時間についての文献をいくつか見た。

野口Type CだとTumor doubling timeは42~1,346日(Aokiら、Am J Roentgenol 2000)

Volume doubling time; 28のpart solid GGOのVDTは平均276.9±155.9日(Odaら、Acad Radiol 2011)


「経過観察に1ヵ月もあけて、その間に大きくなったらどうするの」話をした人間にはほぼ100%こう訊かれた。勝手ながら思うが、医師はなぜそうしなければならないか補足したほうがいい。

 

広告を非表示にする

現在までの要約

①年末に高熱を出してから体調が回復しない

②CTで影が見つかる

③紹介先で前癌病変/肺腺癌疑い
経過待ち、手術予定

広告を非表示にする